杉原 荘介(読み)スギハラ ソウスケ

20世紀日本人名事典の解説

杉原 荘介
スギハラ ソウスケ

昭和期の考古学者 明治大学文学部教授。



生年
大正2(1913)年12月6日

没年
昭和58(1983)年9月1日

出生地
東京市日本橋区(現・東京都中央区)

学歴〔年〕
明治大学専門部文科〔昭和18年〕卒

学位〔年〕
文学博士(明治大学)〔昭和39年〕

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和42年〕「日本の考古学

経歴
府立三中(現・両国高校)在学中より考古学研究の活動を始め、武蔵野会の鳥居龍蔵、後に東京考古学会森本六爾に師事。昭和21年文部省教科書局に勤務し、戦後初の日本史教科書「くにのあゆみ」の編纂に携わる。24年明治大学文学部助教授、28年教授に就任し、58年まで務めた。その間、考古学界に残した業績は多大であるが、特に終戦直後の登呂遺跡発掘の中心的指導者の一人として活躍し、岩宿遺跡では日本に旧石器文化の存在を証明する最初の発掘を手がけた。また、日本考古学協会の創設に尽力し、文化財専門審議会委員、弥生式文化研究特別委員会委員長などを務めた。著書に「原史学序論」「登呂遺跡」「日本先土器時代の研究」「日本農耕社会の形成」「日本青銅器の研究」ほか多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

杉原 荘介 (すぎはら そうすけ)

生年月日:1913年12月6日
昭和時代の考古学者。明治大学教授
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉原 荘介の関連情報