杉山 登志(読み)スギヤマ トシ

20世紀日本人名事典「杉山 登志」の解説

杉山 登志
スギヤマ トシ

昭和期のCMディレクター



生年
昭和11(1936)年8月7日

没年
昭和48(1973)年12月13日

出生地
旧朝鮮・釜山

学歴〔年〕
日本大学芸術学部〔昭和33年〕中退

主な受賞名〔年〕
カンヌ国際広告映画祭グランプリ「資生堂チェリーピンク」

経歴
CMプロダクション・日本天然色映画社(JCP)入社。広告映画ディレクターと同時に撮影まで自分でこなし、その映像美はCM映像時代の象徴といわれる。特に1960〜70年代に多くの秀作を残し、前田美波里に始まるサマーキャンペーン、「チェリーピンク」「MG5」、秋川リサの資生堂石鹼などの資生堂のCM、トヨタ自動車の「マークII夫妻」、モービル石油の「のんびり行こうよ」などが代表ヒット作。しかし、「夢がないのに夢をうることなどは…とても、嘘をついてもばれるものです」と遺して自殺した。テレビCM界の“鬼才”とうたわれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「杉山 登志」の解説

杉山 登志 (すぎやま とし)

生年月日:1936年8月7日
昭和時代のCMディレクター
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android