杉村 広蔵(読み)スギムラ コウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

杉村 広蔵
スギムラ コウゾウ

昭和期の経済哲学者



生年
明治28(1895)年10月3日

没年
昭和23(1948)年1月8日

出生地
北海道函館

学歴〔年〕
東京高商専攻部(現・一橋大学)〔大正10年〕卒

学位〔年〕
経済学博士〔昭和14年〕

経歴
大正10年東京商科大(現・一橋大学)助手、14年助教授となり、左右田喜一郎の学問的伝統を継いで経済哲学、社会学、哲学を担当。15年〜昭和2年ドイツのイエナ大学に留学。11年学位請求論文をめぐる白票事件を契機に退官したが、14年提出論文により学位を授与された。13年上海商工会議所理事、21年東京商科大講師、22年三菱商事監査役を務めた。著書に「経済哲学の基本問題」「経済倫理の構造」「社会主義の哲学」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android