杉村 春三(読み)スギムラ シュンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

杉村 春三
スギムラ シュンゾウ

昭和・平成期の社会福祉家 元・慈愛園老人ホーム園長。



生年
明治43(1910)年3月11日

没年
平成6(1994)年2月8日

出生地
北海道

学歴〔年〕
九州帝国大学文学部〔昭和10年〕卒

経歴
ハンセン病の国立療養所・星塚敬愛園を経て、昭和19年満州国立癩療養所に勤務。戦後、帰国して癩予防協会嘱託。熊本のリデル・ライト記念養老院事務担当から26年院長。28年慈愛園園長の潮谷総一郎らと初めて老人福祉法案を作り、のちの法案成立に貢献。34年慈愛園老人ホーム園長、特別養護老人ホーム・パウラスホーム初代園長などを務めた。著書に「美しい老年期」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

杉村 春三 (すぎむら しゅんぞう)

生年月日:1910年3月11日
昭和時代;平成時代の社会福祉家
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android