杉村 春子(読み)スギムラ ハルコ

20世紀日本人名事典の解説

杉村 春子
スギムラ ハルコ

昭和・平成期の女優



生年
明治39(1906)年1月6日

没年
平成9(1997)年4月4日

出生地
広島県広島市中区土橋町

本名
石山 春子

旧姓(旧名)
中野

学歴〔年〕
山中高女〔大正14年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和22年〕「女の一生」,ブルーリボン賞助演女優賞(昭26年度)「麦秋」「めし」「命美わし」,NHK放送文化賞(第10回)〔昭和34年〕,朝日文化賞〔昭和44年〕,毎日芸術賞〔昭和44年〕,文化功労者〔昭和49年〕,芸術祭賞(平3年度)「ふるあめりかに袖はぬらさじ」,紀伊国屋演劇賞(第26回)〔平成4年〕「ふるあめりかに袖はぬらさじ」,日本映画批評家賞(特別女優賞 第5回 平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,キネマ旬報ベストテン主演女優賞(平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状

経歴
昭和2年築地小劇場に入り「何が彼女をさうさせたか」のオルガン弾き役で初舞台。7年築地座を経て12年文学座の創立に加わり、以後その中心的存在として活躍。新劇の代表的舞台となった森本薫作「女の一生」の布引けい役で22年芸術院賞を受賞。この舞台は大ヒットし、座長女優としての地位を確立した。同役は平成8年平淑恵に交替するまで947回演じた。ほかに「欲望という名の電車」のブランチ、「鹿鳴館」の影山朝子伯爵夫人、「華岡青洲の妻」など数々の名演技を残し、新劇の枠を越えた日本を代表する大女優としての座を保つ。他の代表舞台に「華々しき一族」「シラノ・ド・ベルジュラック」「ふるあめりかに袖はぬらさじ」「ウェストサイドワルツ」などがある。映画はその的確で巧緻な演技が買われ、「東京物語」「わが青春に悔いなし」「晩春」「午後の遺言状」など数多くの名作に出演した。また「おんなの家」など多くのテレビドラマにも出演した。49年文化功労者となるが、平成7年文化勲章受章は辞退。自叙伝「舞台女優」「自分で選んだ道」「ふり返るのはまだ早い」がある。11年読売演劇大賞の中に杉村春子賞が創設される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

杉村 春子
スギムラ ハルコ


職業
女優

本名
石山 春子

旧名・旧姓
中野

生年月日
明治39年 1月6日

出生地
広島県 広島市中区土橋町

学歴
山中高女〔大正14年〕卒

経歴
昭和2年築地小劇場に入り「何が彼女をさうさせたか」のオルガン弾き役で初舞台。7年築地座を経て12年文学座の創立に加わり、以後その中心的存在として活躍。38年には2度にわたる分裂騒ぎを経験。新劇の代表的舞台となった森本薫作「女の一生」の布引けい役で22年芸術院賞を受賞。この舞台は大ヒットし、座長女優としての地位を確立した。同役は平成8年平淑恵に交替するまで947回演じた。ほかに「欲望という名の電車」のブランチ、「鹿鳴館」の影山朝子伯爵夫人、「華岡青洲の妻」など数々の名演技を残し、新劇の枠を越えた日本を代表する大女優としての座を保つ。他の代表舞台に「華々しき一族」「シラノ・ド・ベルジュラック」「ふるあめりかに袖はぬらさじ」「ウェストサイドワルツ」などがある。映画はその的確で巧緻な演技が買われ、「東京物語」「わが青春に悔いなし」「晩春」「午後の遺言状」など数多くの名作に出演、日本映画屈指のバイプレイヤーとして貴重な役割を果たした。また「おんなの家」など多くのテレビドラマにも出演した。49年文化功労者となるが、平成7年文化勲章受章は辞退。自叙伝「舞台女優」「自分で選んだ道」「ふり返るのはまだ早い」がある。11年読売演劇大賞の中に杉村春子賞が創設される。

所属団体
日中文化交流協会,日本新劇俳優協会,日本俳優連合

受賞
日本芸術院賞〔昭和22年〕「女の一生」,文化功労者〔昭和49年〕 ブルーリボン賞助演女優賞(昭26年度)「麦秋」「めし」「命美わし」,NHK放送文化賞(第10回)〔昭和34年〕,朝日文化賞〔昭和44年〕,毎日芸術賞〔昭和44年〕,森田たまパイオニア賞(第10回)〔昭和56年〕,芸術祭賞(平3年度)「ふるあめりかに袖はぬらさじ」,紀伊国屋演劇賞(第26回)〔平成4年〕「ふるあめりかに袖はぬらさじ」,東京都名誉都民〔平成4年〕,橋田寿賀子賞(特別賞 第1回)〔平成5年〕,読売演劇大賞(大賞・最優秀女優賞 第2回 平6年度),山路ふみ子映画賞(文化賞 第19回)〔平成7年〕,日刊スポーツ映画大賞主演女優賞(第8回)〔平成7年〕「午後の遺言状」,日本映画批評家賞(特別女優賞 第5回 平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,キネマ旬報ベストテン主演女優賞(平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,毎日映画コンクール女優主演賞(第50回 平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」

没年月日
平成9年 4月4日 (1997年)

伝記
杉村春子―女優として、女として君美わしく―戦後日本映画女優讃女優杉村春子 中丸 美繪 著川本 三郎 著大笹 吉雄 著(発行元 文芸春秋文芸春秋集英社 ’05’00’95発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

杉村 春子 (すぎむら はるこ)

生年月日:1906年1月6日
昭和時代;平成時代の女優
1997年没

杉村 春子 (すぎむら はるこ)

生年月日:1909年1月6日
昭和時代;平成時代の女優
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉村 春子の関連情報