杉田 勇次郎(読み)スギタ ユウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

杉田 勇次郎
スギタ ユウジロウ

大正・昭和期の日本画家 芙蓉高等学校教師。



生年
明治33(1900)年11月6日

没年
昭和59(1984)年8月31日

出生地
京都府京都市下京区

別名
号=遊子

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校大正11年〕卒

経歴
在学中の大正9年に「波近く」で国画創作協会展初入選を果たす。大正11年に同校を卒業し、日本画家・入江波光に師事。その後も同協会展を中心に作品を発表し、15年には同会員に推された。昭和3年同会日本画部の解散に伴い、新樹社の結成に加わるが、6年に脱退。9年には満州に渡り、旅順高等公学校や大連の芙蓉高等学校で美術を教えた。22年帰国。以後は京都市立美術大学に勤務する傍ら創作を続行し、主に水彩画や油彩画を手がけた。代表的な作品に「麓庵」「遠雷」などがあり、師・波光の画風に洋画の技法を取り入れた作風のものが多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android