杉田 文三(読み)スギタ ブンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

杉田 文三
スギタ ブンゾウ

明治期の農業指導者 埼玉県村農会長。



生年
明治2年9月4日(1869年)

没年
昭和2(1927)年3月7日

出生地
武蔵国比企郡大河村増尾(埼玉県比企郡)

学歴〔年〕
埼玉尋常師範学校卒

経歴
農業の傍ら醬油製造と質屋を営む家に生まれる。卒業後、故郷の高等小学校の教師となる。のち農業に転じて麦などの品種や農具の改良などを研究し、農政ジャーナリストとして実地の実験に基づく多くの農学書を著述。また村農会長として比企郡における郡農会や産業組合の設立にも力を尽くした。著書に「麦作全書」「実用農業新書」「麦菽改良栽培法」、藤井平八との共著に「実用養鶏全書」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android