杉田 日布(読み)スギタ ニップ

20世紀日本人名事典の解説

杉田 日布
スギタ ニップ

明治〜昭和期の僧侶 日蓮宗総本山久遠寺法主。



生年
安政2年11月29日(1856年)

没年
昭和5(1930)年12月7日

出身地
甲斐国(山梨県)

学歴〔年〕
西谷檀林

経歴
西谷檀林で学んだ後、明治11年大教院で新居日薩に師事。18年山梨県の昌福寺に入る。静岡県の本覚寺住職、日蓮宗大学(現・立正大学)学長などを経て、大正13年身延山久遠寺法主、14年日蓮宗管長となった。石橋湛山の父。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android