杉野 芳子(読み)スギノ ヨシコ

20世紀日本人名事典の解説

杉野 芳子
スギノ ヨシコ

大正・昭和期の服飾デザイナー 杉野女子大学学長;杉野学園ドレスメーカー学院創立者。 ドレメ式洋裁創案者。



生年
明治25(1892)年3月2日

没年
昭和53(1978)年7月24日

出生地
千葉県九十九里町

旧姓(旧名)
岩沢

学歴〔年〕
千葉県立第一高女〔明治43年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和30年〕,産経服飾文化賞(第1回)〔昭和31年〕,シャルム賞(第1回)〔昭和33年〕,パルム・アカデミー(フランス)〔昭和34年〕,勲三等瑞宝章〔昭和40年〕,勲三等宝冠章〔昭和53年〕

経歴
大正3年渡米、ニューヨークで洋裁の研究中、杉野繁一と結婚。帰国後の15年に東京虎ノ門のビルに1室を借り、ドレスメーカー・スクール(のち杉野学園ドレスメーカー学院)を開校した。昭和7年夫繁一が学院理事長に就任。12〜13年ニューヨークとパリで服飾を研究。戦時統制下にも、婦人服は自由であるべきだと主張、デザインと製作の洋裁教育に精を出した。戦火に焼かれて休校したが、22年自宅前に願書受付けの張り紙を出すと、志願者が長蛇の列をつくったという。以後スマートになりたい女性の願望に応え、洋裁ブームに乗ってドレメ王国を築き、ドレメの女王と呼ばれた。25年杉野学園女子短期大学、39年杉野女子大学を開校し学長、教授を務めた。晩年は車イスの生活だったが、杉野講堂で毎年作品発表会を続けた。著書に「服飾デザイン」「自伝 炎のごとく」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

杉野 芳子 (すぎの よしこ)

生年月日:1892年3月2日
大正時代;昭和時代の服飾デザイナー。杉野女子大学学長;杉野学園ドレスメーカー学院創立者
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android