コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李淵・李渕 りえん

大辞林 第三版の解説

りえん【李淵・李渕】

566~635) 中国、唐の初代皇帝(在位618~626)。高祖。字あざなは淑徳。隋朝に仕えたが、煬帝ようだいの失政に乗じて挙兵、突厥とつけつの助けをかりて長安を陥し、煬帝の孫恭帝を擁立。煬帝の死後に即位、長安を都として唐を建国。次子世民(のちの太宗)の補佐を受けて中国を統一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

李淵・李渕の関連キーワード挙兵失政長安高祖淑徳突厥

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android