李 克用(読み)り こくよう

  • りこくよう
  • 李 克用 (り こくよう)

367日誕生日大事典の解説

生年月日:856年9月22日
中国,五代後唐の始祖
908年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

856〜908
唐末期の群雄のひとり
突厥 (とつけつ) 沙陀 (さだ) の出身。片眼で独眼竜といわれた。黄巣の乱を平定し,河東節度使になる。朱全忠 (しゆぜんちゆう) と争って敗れ,太原で病没。その子李存勗 (りそんきよく) (荘宗)が後唐 (こうとう) を建国し,克用を太祖武皇帝とした。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android