コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上委山 むらかみ いざん

1件 の用語解説(村上委山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

村上委山

日本画家。京都生。名は義和、字は子守、別号に香露山房・白蓬画房。初め阿部閑山に北宗画を学び、閑山の歿後、滝和亭に師事して南画を習得する。文展開設に携わり、後年は日本美術協会を中心に活動、茶道や華道も能くした。昭和11年(1936)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上委山の関連キーワード前川文嶺望月玉渓浅田鶴文塩川文鵬鈴木松僊亭島南洋長谷川玉粹邨松雲外狩野千彩小早川好古

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone