村上 朝一(読み)ムラカミ トモカズ

20世紀日本人名事典「村上 朝一」の解説

村上 朝一
ムラカミ トモカズ

昭和期の弁護士 元・最高裁長官(第6代)。



生年
明治39(1906)年5月25日

没年
昭和62(1987)年2月13日

出身地
福岡県田川郡添田町

学歴〔年〕
東京帝大法科〔昭和4年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和51年〕

経歴
昭和4年司法官試補。戦後、法務省民事局長となり、民法改正に取り組む。33年最高検公判部長となり、松川事件、八海事件などで検察代表の論陣をはる。38年再び裁判官に戻り、横浜地裁所長、仙台、東京高裁長官、最高裁判事を歴任後、48年5月最高裁長官に就任。50年4月薬事法、51年4月には衆院定数で違憲判決を出す一方、猿払事件(49年11月)、徳島市公安条例事件(50年9月)、学テ裁判(51年5月)と労働公安事件ではタカ派として知られた。51年5月停年退官。以後弁護士として活躍。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「村上 朝一」の解説

村上 朝一 (むらかみ ともかず)

生年月日:1906年5月25日
昭和時代の司法官。最高裁長官(第6代)
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android