村上 武雄(読み)ムラカミ タケオ

20世紀日本人名事典「村上 武雄」の解説

村上 武雄
ムラカミ タケオ

昭和期の経営者 東京瓦斯社長。



生年
大正8(1919)年9月21日

没年
昭和56(1981)年7月1日

出生地
兵庫県

学歴〔年〕
神戸商大〔昭和17年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和54年〕

経歴
東京ガスに入社以来、一貫して資材・原料畑を歩む。昭和32年都市ガス事業者として初めて石油業者を通さない原油の直接輸入に成功、これにより価格の安定した原油を原料とするガス製造が可能となり、都市ガスの普及が大きく前進した。また無公害の原料として液化天然ガス(LNG)導入にも積極的に取り組み、44年日本で初めて実現させた。同年取締役、48年副社長を経て、51年社長に就任。他に経済同友会副代表幹事、東京商工会議所副会頭、日経連政策委員などを歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「村上 武雄」の解説

村上 武雄 (むらかみ たけお)

生年月日:1919年9月21日
昭和時代の経営者。東京瓦斯社長
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報