村上 直次郎(読み)ムラカミ ナオジロウ

  • 村上 直次郎 (むらかみ なおじろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の歴史学者 上智大学学長。



生年
慶応4年2月4日(1868年)

没年
昭和41(1966)年9月17日

出生地
豊後国(大分県)

学歴〔年〕
帝国大学文科大学(現・東大文学部)史学科〔明治28年〕

学位〔年〕
文学博士〔大正10年〕

経歴
大学院に進み、明治32年スペイン、イタリア、オランダに留学。33年東京外国語学校教授、35年帰国。36年東京帝大史料編纂員兼務、41年外語校長、大正7年東京音楽学校長、昭和3年台北帝大教授、10年退官。15〜34年上智大教授、21〜28年学長。その間18年帝国学士院会員。著書に「貿易史上の平戸」「日本と比律賓」「異国叢書 続異国叢書」、史料「コックス日記」、翻訳に「耶蘇会士日本通信」「長崎オランダ商館の日記」(全3巻)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1868年2月4日
明治時代-昭和時代の日本史学者
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android