村山群鳳(初代)(読み)むらやま ぐんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山群鳳(初代) むらやま-ぐんぽう

1887-1942 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治20年6月19日生まれ。10歳ごろから父に師事。大正6年高山祭の屋台鳳凰(ほうおう)台」を設計・製作。10年屋台「麒麟(きりん)台」の大改修で麒麟や飛竜などの彫刻を担当。昭和9年から12年にかけて高山別院大門の十二支もつくった。昭和17年4月4日死去。56歳。岐阜県出身。本名は英造。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android