村山 群鳳(1代目)(読み)ムラヤマ グンポウ

20世紀日本人名事典の解説

村山 群鳳(1代目)
ムラヤマ グンポウ

大正・昭和期の彫刻家



生年
明治20(1887)年6月19日

没年
昭和17(1942)年4月4日

出身地
岐阜県

本名
村山 英造

経歴
10歳頃から父に師事し、大正6年高山祭の屋台「鳳凰台」の設計・制作を手がける。10年屋台「麒麟台」の大改修で麒麟や飛竜などの彫刻を担当。昭和9年から12年にかけて高山別院大門の十二支を制作した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android