村岡 良弼(読み)ムラオカ リョウスケ

20世紀日本人名事典「村岡 良弼」の解説

村岡 良弼
ムラオカ リョウスケ

明治・大正期の地誌学者,法制学者



生年
弘化2年2月10日(1845年)

没年
大正6(1917)年1月4日

出生地
下総国香取郡中村(千葉県多古町)

旧姓(旧名)
渋谷

別名
号=村岡 檪斎(ムラオカ レキサイ)

学歴〔年〕
昌平黌明法科〔明治2年〕卒

主な受賞名〔年〕
帝国学士院恩賜賞〔大正2年〕「続日本後紀纂詁」

経歴
明治初期の法制整備、帝室制度史料等の編纂に尽力した。14歳で江戸に出て水本樹堂に学び、書は鈴木成育についた。明治2年昌平黌に入り和漢洋の制度律令を研究。同年刑部省に徴されて新律綱領編集にあたる傍ら岡松甕谷箕作麟祥の塾で法令の研究を行う。25年まで司法省、参事院、宮内省にあって法制整備に尽力し、大政紀要その他の編集にも関与した。25年退官後は独力で日本地誌の編纂に努め、「大日本史」国郡志の纂訂や六国史の校訂に尽力した。日本地誌学のとされ、著書に「日本地理志料」(全72巻)や「続日本後紀纂詁」(全20巻)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「村岡 良弼」の解説

村岡 良弼 (むらおか りょうすけ)

生年月日:1845年2月10日
明治時代;大正時代の官僚;地誌学者。宮内省御用掛
1917年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android