コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡 花子 ムラオカ ハナコ

20世紀日本人名事典の解説

村岡 花子
ムラオカ ハナコ

大正・昭和期の児童文学作家・翻訳家 日本ユネスコ協会連盟副会長。



生年
明治26(1893)年6月21日

没年
昭和43(1968)年10月25日

出生地
山梨県甲府市

本名
村岡 はな

学歴〔年〕
東洋英和女学院高等科〔大正2年〕卒

経歴
女学校在学中から童話を書き始める。卒業後、3年間甲府英和学校で教壇に立ったあと、教分館で婦人子ども向けの本の編集に携わる。昭和2年同人誌「火の鳥」を創刊し創作に励む。同年最初の翻訳、マーク・トウェインの「王子と乞食」を刊行し好評を得る。7年JOAK(NHKの前身)の嘱託となり、昭和10年代にラジオ「コドモの新聞」の解説を担当、そのなごやかな話しかけるような調子で“ラジオのおばさん”として親しまれた。戦後は、モンゴメリの「赤毛のアン」(全10巻)などの名訳で知られたほか、東京婦人会館理事長、総理府行政監察委員、日本ユネスコ協会連盟副会長、NHK理事、キリスト教文化委員会婦人部委員などをつとめ、幅広く活躍した。ほかの訳書に、ポスター「喜びの本」、バーネット「小公子」「小公女」、オルコット「若草物語」、ディケンズ「クリスマス・カロル」など多数。童話集に「紅い薔薇」「お山の雪」「桃色のたまご」「青いクツ」などがあり、随筆集に「母心抄」がある。東京・大森に“赤毛のアン記念館・村岡花子文庫”がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

村岡 花子 (むらおか はなこ)

生年月日:1893年6月21日
大正時代;昭和時代の児童文学者。日本ユネスコ協会連盟副会長
1968年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

村岡 花子の関連キーワードモンゴメリー(Lucy Maud Montgomery)バートン(Virginia Lee Burton)ストレットフィールドフランダースの犬そばかすの少年オールコット花子とアン柳原白蓮広岡浅子昭和時代山田望叶家庭文庫横山歩絵本

村岡 花子の関連情報