村岸 清彦(読み)ムラギシ キヨヒコ

20世紀日本人名事典の解説

村岸 清彦
ムラギシ キヨヒコ

昭和期の牧師 日本基督教団参事。



生年
明治22(1889)年9月2日

没年
昭和36(1961)年10月9日

学歴〔年〕
明治学院神学部〔大正4年〕卒

経歴
大正4年日本基督教会東京赤坂教会の伝道師となり、その後、桐生、旭川、小樽各教会の牧師を務めた。昭和5年東京・武蔵高等工科学校講師。11年1月日本基督教会伝道局専任幹事に選ばれ、15年11月同総主事となり、宗教団体法によるキリスト教各派の教会合同に参画。16年6月プロテスタント各派合同の日本基督教団が設立され、同年11月同教団常議員及び総務局、国内伝道局、国外伝道局各参事となった。戦争中はキリスト教の戦時体制化を推進、17年朝鮮の京城貞洞教会牧師、18年朝鮮神学院理事長となった。敗戦と同時に戦争責任を反省、北海道に退いて21年札幌のミッション・スクール・北里学園で教諭を務め、35年同女子短大教授となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android