村川 堅太郎(読み)ムラカワ ケンタロウ

20世紀日本人名事典「村川 堅太郎」の解説

村川 堅太郎
ムラカワ ケンタロウ

昭和期の歴史学者,西洋史学者 東京大学名誉教授



生年
明治40(1907)年4月13日

没年
平成3(1991)年12月23日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大文学部西洋史学科〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本エッセイストクラブ賞(第7回)〔昭和34年〕「地中海からの手紙

経歴
一高教授、東大助教授を経て、昭和22年教授に就任。38年退官して名誉教授となる。ギリシャ史の研究家として知られ、著書に「地中海からの手紙」「ギリシアローマ」「古典古代の市民たち」など。「村川堅太郎著作集」がある。60年地中海学会会長に就任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「村川 堅太郎」の解説

村川 堅太郎 (むらかわ けんたろう)

生年月日:1907年4月13日
昭和時代の西洋史学者。東京大学教授;地中海学会会長
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android