村木 源次郎(読み)ムラキ ゲンジロウ

20世紀日本人名事典「村木 源次郎」の解説

村木 源次郎
ムラキ ゲンジロウ

大正期のアナキスト



生年
明治23(1890)年

没年
大正14(1925)年1月24日

出生地
神奈川県横浜市

経歴
幼年時代に一家離散し、そのため早くから写真屋などで働く。クリスチャンで、横浜の海岸教会に通っており、ここで知りあった服部浜次らが明治37年横浜平民結社(のちの曙会)を組織すると、その活動に参加。次第に社会主義運動に傾斜し、41年には赤旗事件に連座し重禁錮1年に処せられる。大正期に入ってからは大杉栄らと交わりアナキストとなる。13年関東大震災1周年記念に震災時の戒厳司令官福田雅太郎大将の暗殺をはかったが失敗した。その予審中に肺結核が悪化し、仮出獄の2日目に死去した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる