村松 乙彦(読み)ムラマツ オトヒコ

20世紀日本人名事典の解説

村松 乙彦
ムラマツ オトヒコ

昭和期の日本画家



生年
大正1(1912)年9月26日

没年
昭和58(1983)年10月13日

出生地
愛知県北設楽郡津具村

学歴〔年〕
日本美術学校日本画科〔昭和9年〕卒

経歴
児玉希望に師事し、昭和16年新文展に「珊瑚礁の渚」が初入選。同年琉球に取材旅行し、17年海洋文化協会の派遣でフィリピンボルネオシンガポールなど南方諸島に従軍取材、19年には朝鮮半島を巡る。この間海洋美術展にも出品。戦後は21年より日展に出品し、24年「浮嶋の朝」、26年「快晴」がともに特選を受賞。33年日展委員、37年同会員、43年より評議員。この間31年アメリカへ旅行、38年には1年間欧州各国を巡遊。また日本美術家連盟監事も務めた。人物をよくし、晩年宇宙に画題を求めた作品を多く描いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android