村松 常雄(読み)ムラマツ ツネオ

20世紀日本人名事典の解説

村松 常雄
ムラマツ ツネオ

昭和期の医師 名古屋大学医学部名誉教授;元・国立精神衛生研究所長。



生年
明治33(1900)年4月12日

没年
昭和56(1981)年8月30日

出身地
東京

学歴〔年〕
東京帝大卒

経歴
都立松沢病院副院長などをつとめ、精神衛生や臨床心理学などを日本に紹介、精神医学の対象を病気だけではなく健康人の精神状態にまで広げた。昭和11年には阿部定事件の犯人の精神鑑定にあたった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android