村瀬 春雄(読み)ムラセ ハルオ

20世紀日本人名事典の解説

村瀬 春雄
ムラセ ハルオ

明治・大正期の保険学者,実業家 帝国海上保険(現・安田火災海上)副社長;東京高商教授。



生年
明治4年(1871年)

没年
大正13(1924)年4月9日

出生地
東京

出身地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
東京高商(現・一橋大学)中退

経歴
19歳でベルギーの国立高等商業学校(現・アントワープ)に私費留学。ライプチヒ大学を経て、明治26年帰国。22歳で東京高商(現・一橋大学)教授に就任。日本における海上保険学の始祖となり、「海上保険講義要領」「共同海損講義要領」「火災保険講義要領」を著す。28年帝国海上保険(現・安田火災海上)副支配人となり、大正元年副社長に就任。「村瀬保険全集」(全1巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android