村田 安司(読み)ムラタ ヤスジ

20世紀日本人名事典の解説

村田 安司
ムラタ ヤスジ

昭和期のアニメーション作家,映画監督



生年
明治29(1896)年1月24日

没年
昭和41(1966)年11月22日

出生地
神奈川県横浜市石川町

経歴
横浜シネマの佐伯永輔を知り、大正15年彼の紹介で横浜シネマに入社。字幕描きのかたわら、青地忠三の助言でプレイ漫画の研究を始める。自力でコマ撮りと切り抜きの技術を発見し、同年横浜シネマ内に漫画映画製作の村田プロダクションを設立。第一作「ジラフの首はなぜ長い」を発表。翌年製作した「蛸の骨」はストーリーの面白さ、スムーズな動きで輸入漫画と互すほどの出来ばえを示した。昭和3年「動物オリムピック」発表後、撮影作業の電動化を思いつき実現。製作能率のアップで年間5本のペースが可能となった。12年横浜シネマを退社し村田漫画研究所を設立、16年日本映画社に統合され、美術課長として終戦まで在籍。20年に創立された日本漫画映画に専務として参加。23年退社後、村田映画を設立。他の作品に「猿蟹合戦」「蛙は蛙」「のらくろ二等兵」「のらくろ伍長」「王様のしっぽ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android