村田 保(読み)ムラタ タモツ

20世紀日本人名事典の解説

村田 保
ムラタ タモツ

明治・大正期の官僚,政治家 大日本水産会副総裁;大日本塩業協会会長;貴院議員(勅選)。 水産界の功労者。



生年
天保13年12月28日(1843年)

没年
大正14(1925)年1月6日

出身地
肥前国唐津(佐賀県)

別名
号=水産翁

主な受賞名〔年〕
勲一等

経歴
早くから新政府に出仕、司法権大録、太政官兼内務大書記官を歴任。明治4年英国に留学、法律学を学ぶ。23年勅選貴院議員。早くから水産業を志し、15年大日本水産会創立、副総裁となり、また水産伝習所(東京水産大学の前身)創立(21年)に尽力した。29年には大日本塩業協会を設立、会長を務めた。大正3年山本権兵衛内閣の末期、海軍収賄問題で弾劾演説をぶち、自らも議員を辞職した。著書に「治罪法註釈」「独逸法律書」「英国法家必携」「刑法注釈」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

村田 保
ムラタ タモツ


肩書
貴院議員(勅選),大日本水産会副総裁

別名
号=水産翁

生年月日
天保13年(1842年)

出身地
肥前国唐津(佐賀県)

経歴
早くから新政府に出仕、司法権大録、太政官兼内務大書記官を経て、明治23年勅選貴院議員。早くから水産業を志し、大日本水産会を創立、副総裁となり、また水産伝習所創立に尽力した。大正3年山本権兵衛内閣の末期、海軍収賄問題で弾劾演説をぶち、自らも議員を辞職した。著書に「治罪法註釈」「独逸法律書」「英国法家必携」などがある。

受賞
勲一等

没年月日
大正14年1月6日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

村田 保 (むらた たもつ)

生年月日:1843年12月29日
明治時代;大正時代の官吏;政治家。大日本塩業協会会長;貴族院議員
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android