村田 孜郎(読み)ムラタ シロウ

20世紀日本人名事典の解説

村田 孜郎
ムラタ シロウ

昭和期のジャーナリスト



没年
昭和20(1945)年

出生地
佐賀県

学歴〔年〕
東亜同文書院卒

経歴
佐賀藩主一門・村田家に生まれ、青年時に遊びが過ぎて勘当を受ける。のち大阪毎日新聞に入社し上海支局長、東京日日新聞の東亜課長、読売新聞の東亜部長などを歴任。昭和20年戦後の上海で客死した。中国語に堪能で、中国を紹介した著書も多い。著書に「支那の左翼戦線」(昭5年)、「蒙古と新疆」(昭10年)、「支那女人譚」、「宋美齢」(昭14年)、共訳に「支那は生存し得るか」(昭12年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android