村田 数之亮(読み)ムラタ カズノスケ

20世紀日本人名事典「村田 数之亮」の解説

村田 数之亮
ムラタ カズノスケ

昭和・平成期の西洋古典考古学者 大阪大学名誉教授



生年
明治33(1900)年11月30日

没年
平成11(1999)年1月20日

出生地
京都府舞鶴市

学歴〔年〕
東京帝国大学西洋史学科〔大正15年〕,京都大学大学院

学位〔年〕
文学博士〔昭和23年〕

経歴
大学院では、浜田耕作の勧めもあって本格的にエーゲ文明の研究に着手。昭和11年から3年間ヨーロッパに留学。15年京都帝大講師、24年大阪大学文学部開設に際し、教授に就任。39年定年退官。同年〜49年甲南大学教授。著書に「エーゲ文明の研究」「ギリシア陶器」、訳書シュリーマン古代への情熱」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「村田 数之亮」の解説

村田 数之亮 (むらた かずのすけ)

生年月日:1900年11月30日
昭和時代;平成時代の西洋古代史学者。大阪大学教授
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報