村雲 大樸子(読み)ムラクモ タイボクシ

20世紀日本人名事典「村雲 大樸子」の解説

村雲 大樸子
ムラクモ タイボクシ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治26(1893)年8月3日

没年
昭和32(1957)年7月27日

出生地
東京市赤坂区氷川町

本名
村雲 毅一

学歴〔年〕
慶応義塾大学〔大正4年〕中退

経歴
プロレタリア文学研究、演劇美術の研究を志し、洋画研究所にも学んだ。大正3年名古屋の石川柳城に南画を学び、5〜7年まで南画研究のため中国各地を遍歴した。帰国後は塩川文鵬を師とする一方、プロレタリア美術運動など美術、演劇の運動に従った。昭和6年川合玉堂の門に入り、長流画塾、戊辰会展に作品を発表、官展にも出品した。17年には青鸞社を起こして同展に出品し、戦後の29年第1回個展を開いた。30年点々会の創立に加わり毎年同展に出品するほか、日ソ親善協会、アジア連帯委員会、日中友好協会に関わるなど、左翼の立場から国際文化交流に尽した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android