コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜鵑・時鳥・子規・不如帰・杜宇・蜀魂・田鵑 ほととぎす

大辞林 第三版の解説

ほととぎす【杜鵑・時鳥・子規・不如帰・杜宇・蜀魂・田鵑】

[3] ( 名 )
カッコウ目カッコウ科の鳥。全長約30センチメートル。尾羽が長い。背面は灰褐色。腹面は白色で黒い横斑がある。ウグイスなどの巣にチョコレート色の卵を産み、抱卵と子育てを仮親に託す。鳴き声は鋭く、「テッペンカケタカ」などと聞こえる。夏鳥として渡来し、山林で繁殖して東南アジアに渡る。古来、文学や伝説に多く登場し、卯月うづき鳥・早苗さなえ鳥・あやめ鳥・橘鳥・時つ鳥・いもせ鳥・たま迎え鳥・しでの田長たおさなどの異名がある。 [季] 夏。 《 -平安城を筋違に /蕪村 》
(「時鳥草」「杜鵑草」「油点草」の文字を当てる)ユリ科の多年草。丘陵や低山の湿った場所に生える。高さ約60センチメートル。葉は互生し、狭長楕円形で基部は茎を抱く。秋、葉腋に白色で紫斑がある花を一~三個ずつつける。花被片は六個。和名は花の斑をの胸の斑に見立てたもの。ほととぎすそう。 [季] 秋。
( 枕詞 )
が飛ぶ意から類音の地名「飛幡とばた」にかかる。 「 -飛幡の浦にしく波のしくしく君を/万葉集 3165

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android