コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条例制定権

1件 の用語解説(条例制定権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

条例制定権

地方議会の議員は、国が定めた法律の範囲内で、地域の問題や実情に沿った条例案の提出が認められている。可決すれば、制定される。国から地方へ権限が移譲された00年の地方分権一括法の施行によって、条例をつくれる範囲が拡大。市民の暮らしと直接かかわる政策条例の提案が全国的に活発化している。ウミガメの捕獲や卵の採取を原則的に禁止し、注目された高知県の「うみがめ保護条例」(04年制定)は議員提案だった。

(2007-04-11 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

条例制定権の関連キーワード会期議員地方議会発案権立法議員提案条例県・高知市病院企業団議会再議権矢祭町議会の日当制地方議員の報酬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone