来る・来たる(読み)きたる

大辞林 第三版の解説

きたる【来る・来たる】

( 動五[四] )
〔「来いたる」の転か。「来たる」とも書く〕
くる。やってくる。 「我が町へ首相-・る」 「待ち人-・らず」 「韓国を如何に言ことそ目頰子めずらこ-・る/日本書紀 継体
古くなって役に立たなくなる。傷む。 「少し-・つた小袖をうちかけ/洒落本・青楼昼之世界錦之裏」
異性に心を奪われる。ほれこむ。参る。 「年増のお麦めは自己おいらに九分九厘-・つてゐて/滑稽本・七偏人」 〔漢文訓読系の語。「きたす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android