コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アジアサミット(EAS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東アジアサミット(EAS)

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に、日本、中国、韓国の「プラス3」、オーストラリアニュージーランド、インドを加えた計16カ国で構成する。昨年クアラルンプールで初めて開催され、地域統合を進める「東アジア共同体構想」をめぐって「ASEANプラス3」を軸としたい中国と、同国影響力を抑えるためより多くの国が参加するEASを協議の場としたい日本との間で駆け引きが展開された。

(2006-12-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

東アジアサミット(EAS)

アジア太平洋地域の安定と繁栄のため、新たな協力の枠組み作りを目指す首脳会議東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国と日中韓などの8カ国で構成される。2005年に始まり、財政、エネルギー、災害管理など5分野を優先分野としてきた。6回目の今年、米国とロシアが初めて参加。安全保障などを幅広く取り上げる枠組みに変わることも予想される。

(2011-11-20 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

東アジアサミット(EAS)の関連キーワード東アジアASEAN経済研究センターASEAN関連首脳会議「東アジア共同体」構想東南アジア史(年表)オセアニア史(年表)アジアのバイオ燃料東アジア首脳会議ASEAN議長国リバランス政策東アジア共同体日中関係APEC

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東アジアサミット(EAS)の関連情報