東シベリア・極東地区のエネルギー開発(読み)ひがしシベリアきょくとうちくのエネルギーかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東シベリア・極東地区のエネルギー開発
ひがしシベリアきょくとうちくのエネルギーかいはつ

東シベリアのヤクーツクガス田の開発プロジェクトは 1974年に,旧ソ連,日本,アメリカの3国によって探鉱基本契約が結ばれたが,ソ連のアフガニスタン侵攻などで頓挫した。 92年,経団連の調査団がサハ自治共和国と議定書をかわし再開に動きだしたが,その後ロシアと韓国が FS契約を結んだため,日本側の作業は中断している。パイプラインによる輸送ルートとしては,ハバロフスクウラジオストク,北朝鮮,韓国経由で九州と結び日本海を囲むエネルギーの幹線をつくる案もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android