コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ティモールの騒乱

1件 の用語解説(東ティモールの騒乱の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東ティモールの騒乱

02年5月の独立達成前から駐留したPKO部隊がいったん撤退した後の昨年2月、政府軍のうち西部出身の兵士の一部が待遇格差を不満として部隊を離脱。これをきっかけに5月、情勢が不安定化し、軍や住民が発砲し合うなど騒乱状態となった。30人以上が死亡した責任を取ってアルカティリ前首相が辞任。7月にホルタ氏が後を継いだ。

(2007-04-16 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東ティモールの騒乱の関連キーワード兵力引離し進駐軍駐留ハバハバ三・一独立運動東ティモール独立と国連東ティモール独立と騒乱グルジアとロシアの対立PKO参加5原則野球の独立リーグ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone