東ティモール・東チモール(読み)ひがしティモール

大辞林 第三版の解説

ひがしティモール【東ティモール・東チモール】

マレー諸島、ティモール島の東半分と同島北西部の小さな飛び地から成る民主共和国。一六世紀以来ポルトガル領、1976年インドネシアに併合されたが、独立闘争を経て99年国連の暫定統治下に入り、2002年独立。住民の多くはカトリック。首都ディリ。面積1万5千平方キロメートル。人口90万( 2005)。正称、東ティモール民主共和国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android