東久邇 聡子(読み)ヒガシクニ トシコ

20世紀日本人名事典の解説

東久邇 聡子
ヒガシクニ トシコ

大正・昭和期の皇族 明治天皇第九皇女。 東久邇稔彦夫人。



生年
明治29(1896)年5月11日

没年
昭和53(1978)年3月5日

別名
幼名=泰宮 聡子(ヤスノミヤ トシコ)

主な受賞名〔年〕
勲一等宝冠章〔大正4年〕

経歴
明治天皇の第九皇女。麻布御殿で教育を受け大正4年東久邇宮稔彦王と結婚。夫稔彦王の陸軍中将昇進により、陸海軍将校夫人会総裁を務めた。稔彦王は戦後昭和20年8月初めての皇族内閣総理大臣となり、敗戦処理に当たったが同年10月GHQ指令で総辞職。22年皇籍を離脱、事業失敗などで、共に苦労された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

東久邇 聡子 (ひがしくに としこ)

生年月日:1896年5月11日
大正時代;昭和時代の皇族
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android