東久邇 聡子(読み)ヒガシクニ トシコ

20世紀日本人名事典の解説

東久邇 聡子
ヒガシクニ トシコ

大正・昭和期の皇族 明治天皇第九皇女。 東久邇稔彦夫人。



生年
明治29(1896)年5月11日

没年
昭和53(1978)年3月5日

別名
幼名=泰宮 聡子(ヤスノミヤ トシコ)

主な受賞名〔年〕
勲一等宝冠章〔大正4年〕

経歴
明治天皇の第九皇女。麻布御殿で教育を受け大正4年東久邇宮稔彦王と結婚。夫稔彦王の陸軍中将昇進により、陸海軍将校夫人会総裁を務めた。稔彦王は戦後昭和20年8月初めての皇族内閣総理大臣となり、敗戦処理に当たったが同年10月GHQ指令で総辞職。22年皇籍を離脱、事業失敗などで、共に苦労された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

東久邇 聡子 (ひがしくに としこ)

生年月日:1896年5月11日
大正時代;昭和時代の皇族
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android