コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東予〈市〉 とうよ〈し〉

1件 の用語解説(東予〈市〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕東予〈市〉(とうよ〈し〉)


愛媛県北東部、燧灘(ひうちなだ)の南西部に面し存在した市。
壬生(にゅう)川は江戸時代には松山藩の米の積み出し港として発展。手すき和紙を特産。2004年(平成16)、合併のため廃止。⇒西条市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東予〈市〉の関連キーワード安芸灘伊予三島愛媛県川之江燧灘備後灘有明浜コルティーナダンペッツォ東予[市]宮窪[町]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone