コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)

外国為替用語集の解説

東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)

東京市場の国際化を図るため、1986年12月に創設。国内の金融市場とは分断され、金利規制、預金準備率、源泉税などは課されない。非居住者間の取引のみを自由としている。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)の関連キーワードタイボー(TIBOR:Tokyo Inter Bank Offered Rate)オフショア・センター円の自由化・国際化オフショアセンター東京オフショア市場オフショア市場国際金融市場ユーロ市場武蔵野銀行TIBORタイボーJOM

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android