コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)

外国為替用語集の解説

東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)

東京市場の国際化を図るため、1986年12月に創設。国内の金融市場とは分断され、金利規制、預金準備率、源泉税などは課されない。非居住者間の取引のみを自由としている。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)の関連キーワードタイボー(TIBOR:Tokyo Inter Bank Offered Rate)オフショア・センター円の自由化・国際化オフショアセンター東京オフショア市場オフショア市場国際金融市場TIBORユーロ市場武蔵野銀行タイボーJOM

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android