東京五輪の聖火リレー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

3月25日に福島県のJヴィレッジ楢葉町広野町)を出発し、開会式の7月23日まで121日間、著名人と一般から選ばれた約1万人のランナーが全国859市区町村を巡る。1日あたり70~80人、1人200メートルを走る計画で、各日の終わりに聖火の到着を祝う式典を行う。延期に伴い簡素化も検討されたが、日程短縮は見送られ、隊列車両を減らすなどにとどまった。

(2021-01-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京五輪の聖火リレーの関連情報