コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京大空襲訴訟

1件 の用語解説(東京大空襲訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東京大空襲訴訟

空襲の被害者131人が国を相手に起こした。原告側は、国が空襲被害の実態調査も行わず、追悼施設などもつくらないなど一般被災者を放置してきたと主張し、謝罪と、総額14億4100万円(1人当たり1100万円)の損害賠償を求めている。大阪地裁でも同様の集団訴訟が係争中。

(2009-12-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京大空襲訴訟の関連キーワード害者求償被害者本土空襲パロマ事故と損害賠償仮払金返還問題泉南と石綿少年審判の被害者傍聴制泉南アスベスト国家賠償請求訴訟泉南の石綿国家賠償訴訟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京大空襲訴訟の関連情報