コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京裁判(極東国際軍事裁判)

1件 の用語解説(東京裁判(極東国際軍事裁判)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東京裁判(極東国際軍事裁判)

ドイツの指導者を裁いたニュルンベルク裁判にならって連合国が設置した。裁判官は、米、英、仏、ソ連などの11カ国から各1人の計11人で構成された。1946年5月に開廷し、48年11月の判決では、戦争を指導したA級戦犯25人全員に有罪を宣告。うち東条英機元首相ら7人が絞首刑となった。従来の国際法になかった「平和に対する罪」などの類型が加わったことから、あとからつくられた法で裁くのはおかしい、などの批判がある。原爆投下など連合国の行為は問われず、被告の選定基準にもあいまいさがあった。一方、戦争の残虐な実態や軍部の謀略を明らかにした、戦争というものを裁く国際法の流れの先駆けになった、などの評価もある。日本は、主権を回復したサンフランシスコ講和条約(51年調印)で裁判を受諾した。

(2014-08-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京裁判(極東国際軍事裁判)の関連キーワードアンベルク国際軍事裁判シュターデンゾリスニュルンベルク裁判ニュルンベルク諸原則ニュルンベルク法フィッシャー家ラーベンウォルフローゼンベルク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京裁判(極東国際軍事裁判)の関連情報