コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都あきる野市 あきるの〈し〉

1件 の用語解説(東京都あきる野市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕あきる野〈市〉(あきるの〈し〉)


東京都西部にある市。
多摩川支流の秋川と平井川を軸に、市域東部は秋川丘陵・羽村草花丘陵に囲まれた平坦部、西部は奥多摩の山々に連なる山間部となっている。1995年(平成7)9月、秋川(あきがわ)市と西多摩郡の五日市町が合併して成立。旧・五日市町は山林面積が広く、スギ材の産地。トウモロコシシイタケなどを産する。旧・秋川市は第二次世界大戦前は養蚕が盛んだったが、1960年代以降、宅地化・工業化が進んだ。秋川丘陵自然公園、羽村草花丘陵自然公園は首都圏の日帰り観光地。秋川渓谷秩父多摩甲斐国立公園に属する。テーマパーク東京サマーランドがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京都あきる野市の関連情報