コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都三鷹市 みたか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕三鷹〈市〉(みたか〈し〉)


東京都中部の市。
武蔵野台地上に位置する。東は杉並区世田谷区と、北は武蔵野市と市街が連接する。1930年のJR中央線三鷹駅設置以降に宅地化・工場地化する。第二次世界大戦後、東京西郊の住宅都市として急激に発展。井の頭恩賜公園のほか、近藤勇がある龍源寺曹洞宗)、森鴎外の墓・太宰治の墓がある禅林寺黄檗宗)が知られる。国立天文台三鷹キャンパス、三鷹の森ジブリ美術館がある。◇「三鷹」の地名は江戸時代天領の3つの鷹場があったことに由来する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

東京都三鷹市の関連キーワード国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館トウキョウ・モーツァルトプレイヤーズ中近東文化センター附属博物館基礎生物学研究所(基生研)三鷹市芸術文化センター三鷹市美術ギャラリー三鷹市山本有三記念館日立アロカメディカル東京都三鷹市上連雀東京都三鷹市下連雀中近東文化センター東京都三鷹市深大寺東京都三鷹市井の頭東京都三鷹市野崎東京都三鷹市新川法政大学高等学校基礎生物学研究所ルーテル学院大学東京都三鷹市中原東京都三鷹市牟礼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京都三鷹市の関連情報