コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都千代田区丸の内 まるのうち

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕丸の内(まるのうち)


東京都千代田区にある地名。
JR東京駅(丸ノ内本屋は国の重要文化財に指定)を含め、西は内濠(うちぼり)通りまでの一帯、北は大手町、南は有楽町に隣接する。江戸時代は大名屋敷地。明治中期よりれんが造りの洋館街に変貌し「一丁ロンドン」とよばれた。外資系も含め多くの大企業の本社機能が集中し、日本の中枢をなすビジネス街を形成する。1914年(大正3)に新設された赤レンガの東京駅とその周辺では、再開発事業が進行中である。帝国劇場、東京国際フォーラム、国指定の重要文化財である明治生命保険相互会社本社本館、新丸の内ビルディング、出光美術館、相田みつを美術館、情報センターJAXA i(ジャクサアイ)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

東京都千代田区丸の内の関連キーワード三井住友フィナンシャルグループ三菱ケミカルホールディングスM&Aキャピタルパートナーズガリバーインターナショナルネットワンシステムズ新丸の内ビルディング日本海洋石油資源開発帝国ピストンリングジュピターテレコム東京国際フォーラムみずほファクター日本ビルサービス相田みつを美術館毎日コムネットオープンハウスパソナグループ東京鉄道ホテル三菱商事石油日本デキシー三菱地所設計

東京都千代田区丸の内の関連情報