コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都千代田区霞が関 かすみがせき

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕霞が関(かすみがせき)


東京都千代田区にある地名。
国の行政・司法機関が集中、官庁街の代名詞ともなる。皇居桜田門の南から虎ノ門にかけて広がる地区。江戸時代は黒田藩上屋敷などのあった大名屋敷地。関東大震災後、外務省大蔵省(現・財務省)、通産省(現・経済産業省)など日本政府の省庁が集積、中央官庁街に。東京高等裁判所、最高検察庁、警視庁本部、日本最初の超高層ビル霞が関ビル、法務省旧本館(国指定重要文化財)などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

東京都千代田区霞が関の関連キーワードシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ伊藤忠テクノソリューションズ医薬品医療機器総合機構ドリームインキュベータ工業所有権情報・研修館全国児童養護施設協議会三井不動産リアルティかんぽ生命保険(株)霞が関ビルディングLIXILグループ株式会社LIXIL原子力安全・保安院ゆうちょ銀行(株)産業技術総合研究所日本興亜損害保険MXモバイリングかんぽ生命保険東日本高速道路日本郵政(株)NTTロジスコ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京都千代田区霞が関の関連情報