コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都国立市 くにたち〈し〉

1件 の用語解説(東京都国立市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕国立〈市〉(くにたち〈し〉)


東京都中部の市。
武蔵野台地上に位置し、北東は国分寺市と、北西は立川市と接する。1926年(大正15)新駅開設のさい、両市から1字ずつとって命名され、のちに市名ともなる。1925年、箱根土地会社による宅地開発行われる。東京商科大(現・一橋(ひとつばし)大学)などの学園が進出し、学園都市として発展。第二次世界大戦後、住宅都市化も急速に進んだ。国立駅から南に伸びる大学通りは桜、イチョウが交互に植えられ新東京百景に選定されている。谷保(やぼ)天満宮(国の重要文化財である木造獅子狛犬を所蔵)がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京都国立市の関連情報