コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都小金井市 こがねい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕小金井〈市〉(こがねい〈し〉)


東京都中部の市。
武蔵野台地上に位置する。東京学芸大学法政大学(工学部)など、大学や研究施設が多く、文教都市としての性格も強い。1926年(大正15)の中央線武蔵小金井駅の開設とともに宅地化が始まる。第二次世界大戦後、とくに60年代から人口が急増し、住宅都市として発展。北部の小金井公園は都内有数のサクラの名所で、野外博物館江戸東京たてもの園がある。南部には多磨(たま)霊園がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

東京都小金井市の関連キーワード中村研一記念 小金井市立はけの森美術館小金井ジャズフェスティバル国際基督教大学高等学校東京都小金井市貫井南町東京都小金井市貫井北町東京農工大学科学博物館東京都小金井市前原町東京都小金井市関野町東京都小金井市梶野町中央大学附属高等学校東京都小金井市桜町東京都小金井市緑町東京都小金井市中町東京都小金井市本町東京都小金井市東町日本音楽教育学会情報通信研究機構社会医学技術学院スタジオジブリ大久保 常吉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京都小金井市の関連情報