コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都文京区 ぶんきょう〈く〉

1件 の用語解説(東京都文京区の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕文京〈区〉(ぶんきょう〈く〉)


東京都区部中部、23特別区の一つ。
神田川を挟み、千代田区の北に接する地区。弥生時代の土器が出土したことで知られる。江戸時代大名屋敷が点在し、明治期以降はその跡地に住宅街や東京大学お茶の水女子大学などの文教施設が設置された。ほかに日本女子大学筑波大学など、多数の大学施設を擁する。小石川地区・本郷地区には出版社が並び、印刷・製本業が盛ん。病院も多く、薬品・医療用精密機器工場がある。湯島聖堂(国指定史跡)、湯島天神護国寺真言宗)(本堂などは国の重要文化財に指定)など寺社・旧跡に富む。小石川後楽園、六義(りくぎ)園は名園として名高い。小石川植物園東京ドームシティ(旧・後楽園ゆうえんち)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京都文京区の関連情報